投資論

私の積立投資方法

私の積立投資方法

保有口座について

私は、特定口座、つみたてNISA、企業型確定拠出年金口座の3口座を持っています。その上で、毎月、3口座の保有資産を合計することで、投資資産総額として算出しています。

資産ポートフォリオについて

その上で、私の理想ポートフォリオを以下のように設定しています。

15種類の投資信託や米国ETFを保有しています。全世界や、全米、SP500といった比較的低リスクな資産を約半数ほど、その上で、レバレッジも全ポートフォリオの30%を占めるように保有しています。

毎月の積立方法

つみたてNISAや企業型確定拠出年金口座はスポット購入が出来ないので、定額積立を行っています。その上で、現状のポートフォリオと、上記の理想ポートフォリオで比較したときに、少ない側に乖離の大きい銘柄を毎月買い増すようにしています。つまり、毎月、買い増すことでリバランスを行っているとも言えます。

この積み立て方法のメリット

この積み立て方法では、理想のポートフォリオに対して、少ない側に乖離の大きい銘柄を買うので、つまり、ほかの保有銘柄と比べて、直近1ヶ月のパフォーマンスが悪かった銘柄を買い増すということになります。このパフォーマンスの悪い銘柄を買い増すというのは、あまり気乗りしない方法だとは思っています。しかし、私が組み入れている銘柄については、今後も値の上げ下げはあれど、長期でみれば、伸長していく銘柄だと思っています。ですので、一時的にパフォーマンスが悪い場合に、それを買い増すことは、つまり、値下がりしているときに、より多くの株を取得出来るので、ピンチはチャンスと捉えて、買い増すようにしています。

この積み立て方法の注意点

この積み立て方法においての注意点は、フォートフォリオに中長期的に値下がり続けるだろう銘柄を入れないことです。もし、入れてしまった場合は、毎月その下がり続ける銘柄を買い増すことになってしまうので、資産がどんどん減ってしまうことになります。

まとめ

以下が、私の投資方法のまとめです!

↓全保有口座の全保有銘柄を合計し、現状のポートフォリオを確認する

↓理想のポートフォリオと比較する

↓少ない側に乖離の大きい保有銘柄を買い増す

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA